私って汗臭い…と思っているあなたへ

汗には本来ニオイは無いのはご存知ですか?
汗自体にはニオイは無くても、化学反応によってニオイ物質が発生してしまい、それによって汗くさい?となってしまうんです。

 

汗を分泌する汗腺の種類が二種類あることは知ってらっしゃるかもしれません。
それぞれの性質もまた違い、そしてニオイの種類も全く違います。

 

エクリン腺

唇などを除いて、ほぼ全身の真皮内に独立して存在しています。
エクリン腺から分泌される汗の成分は 99%が水分で、他に塩分、極少量の尿素、乳酸などが含まれています。
弱酸性でほぼ無臭です。
どちらともの腺にも言えますが、体内の熱を下げる為に交感神経が汗を出すように指示を出す為発汗します。

 

アポクリン腺

こちらは毛包(毛穴の内部の毛根を包んでいる膜)に付属しています。
脇の下や陰部、耳の中、乳輪などの限られた箇所にしかありません。
多くの動物はアポクリン腺からの汗にフェロモンを含ませています。
アポクリン腺から分泌される汗も本来は無臭です。

何故汗のニオイが発生するか

上記したように基本的には汗は無臭なのです。
しかしお肌の表面にいる細菌が汗を分解することで「汗臭い」と感じるニオイが発生してしまうのです。
アポクリン腺からの汗の方がニオイを強く感じる理由は、単純に云うと、アポクリン腺の汗の方が細菌の好物で、エクリン腺より多く分解される為です。
アポクリン腺から分泌される汗は、皮脂腺から出る脂肪酸とアンモニア、尿素、脂質と混ざり、細菌が好む成分を多く含んでいます。
アンモニアを含んだ汗を細菌が分解する…と云うところだけ見ても、なかなか強烈なにおいを醸しそうでは無いですか?

 

汗のにおいの発生についてご理解頂けたのなら、ニオイを防ぐにはどうすればいいか自ずと判ると思います。

 

そう…細菌を増やさない。表皮を清潔に保つこと。これが第一になります。

 

次に市販されている制汗スプレーなどの防臭グッズについてご案内します。

防臭化粧品を利用してみましょう

防臭化粧品、と一口にいってもその種類は様々。
スプレータイプやスティックタイプ、抑制成分の違い…汗を止めるものもあれば細菌を抑制するもの、ニオイで誤魔化すものまで多種多様にあるんです。
まずは各防臭化粧品の用途や作用などを簡単に紹介していきます。

 

制汗作用

肌を収斂(引き締め)することによって汗の発汗を抑える作用

抗菌作用

皮膚の常在菌が増えるのを抑える働きで、防臭目的で銀イオン等の抗菌剤が使用される

消臭作用

汗が常在菌に結びつく前に金属と結び付けてしまうことでニオイの発生を抑える

マスキング作用

弱い体臭に対しては別の強い良い香りで体臭を誤魔化すことも可能

 

これらのいくつかや、全ての作用が防臭化粧品には含まれています。
どれかの作用が強い。などの作用の強弱もありますから、あなたの目的に合った防臭化粧品を選ぶ際に参考にされてください。

 

≪参考≫ 更に詳しくは以下記事へ
■ 防臭化粧品ってどんな種類があるの?

強烈なワキガを対策するには…

前項の防臭化粧品を使っても一定時間で効果が薄まったり、どうしてもワキガのニオイが気になって仕方が無い…という方に。

 

ワキガは脇から出るアポクリン腺からの汗と、脇下という温床になりやすい場所の常在菌が化学反応を起こし強烈な臭気を放つニオイの事を指します。いつでも清潔にしていればそれほどの臭気を放つことはないのですが、汗はかきますからね…しかも頻繁にぬぐえる箇所ではないですからね…

 

まず、本気で悩んでいる場合はアポクリン腺を除去してしまう手術がもう、何より手っ取り早いです。いわゆるワキガ治療などがそれにあたります。
ニオイの元を断つことで強烈なニオイからは解放されます。
しかし手術ですから美容外科など病院で行いますし費用も高額となります。
お金があるのでしたら、この方法がこの先憂いのない人生を送る最善だと私自身は思っています。

 

ただ誰も彼もが自分のコンプレックスを「手術」という形で片付けたい訳ではないと思います。
うちうちにどうにか出来るのならどうにかしたい…と考えるのでしたら、市販されているものではなく強めの制汗剤を使うことも視野に入れるのが良いのではないでしょうか。

 

個人的に「これのお陰で夏のワキガも脇汗も全く気にならない」と手放せなくなったロールオンタイプの制汗デオドランドがあるのですが…それは機会があったら紹介しますね。

ページの先頭へ戻る