お金と将来に関する知識を身に付けませんか?

ファイナンシャル・プランナーとは、現在の状況(お金のこと、家族の事、資産情報なども含め)を元にした将来のライフプランを行うお仕事をする人を指します。
ご自身の老後などの未来を考えた上で、ご自身の為に取得する方も多いです。
ファイナンシャルプランナーと名乗るには、日本FP協会か金融財政事情研究会が行うファイナンシャル・プランニング技能検定に合格する必要があります。これは国家資格になります。

 

一般の人から見ると、将来設計をする時、そのライフプランニングを手伝ってくれるアドバイスをくれる。ファイナンシャルプランナーとはそんな「これから」に必要な知識を持った強い味方です。
主にお金に関するアドバイザー的な資格ですから、金融系や会計事務所、税理士の方もお持ちの方が多いです。
この資格を取得後、ライフプランナーとして起業する方もいらっしゃいますし、最初にも書いたように、ご自身の為に取得し、家計を将来設計をする方いらっしゃいます。

 

身近な「お金」と、これからの「未来」をより具体的に想像実現させる為に、ファイナンシャル・プランニング技能検定に挑戦してみませんか?

こんな方にオススメです

  • お金に関する相談に乗れるようになりたい
  • 金融系で働いていてキャリアアップしたい
  • 新たな挑戦をしてみたい
  • 転職の為に有利な資格を取得したい
  • 資産運用などに興味がある
  • 老後のお金に関する問題に興味がある
 

検定範囲・難易度

ファイナンシャルプランナーの試験(FP技能検定)には3級2級1級の三段階の試験が用意されています。
FP経験が無い方でも3級でしたら受験可能、2級以降は実務経験や下位資格を取得済みなどの受験条件があります。(次の項を参照してください)

 

学科と実技の試験があり、別日に受験は可能ですが、両方取得で晴れて「〇級ファイナンシャル・プランニング技能士」と名乗れるようになります。

 

またFP技能試験は「日本FP協会」と「金融財政事情研究会」が主催です。
学科試験はどちらも共通ですが実技試験の内容がそれぞれ違いますから、ご自身が受ける協会がどちらなのか間違えないようにお気を付けください。

 

FP技能検定3級

学科と実技、どちらもマークシート形式になります。
日本FP協会の実技内容は「資産設計提案業務」です。
金融財政事情研究会の実技内容は「個人資産相談業務」です。
合格率を見ると 学科はおおよそ70%が合格 実技は80%が合格しています。

FP技能検定2級

学科はマークシート形式、実技は記述式の筆記です。
日本FP協会の実技内容は「資産設計提案業務」です。
金融財政事情研究会の実技内容は「個人資産相談業務・中小事業主資産相談業務・生保顧客資産相談業務・損保顧客資産相談業務」です。
合格率を見ると 学科はおおよそ40%が合格 実技は60%が合格しています。

FP技能検定1級

学科試験は金融財政事情研究会で受検します。
日本FP協会の実技内容は「資産設計提案業務」です。
金融財政事情研究会の実技内容は「個人資産相談業務・保険顧客資産相談業務」です。
合格率を見ると 実技は90%以上が合格しています。

 

検定対策では必ず過去の試験問題を確認することと、検定の範囲を網羅した問題集を1度解いておくことをオススメします。が比較的合格し易い試験なのは間違いないですので、気負わずしっかりと勉強しておくようにされてください。

受検資格・検定日程・受検料

受検資格
FP技能検定3級 ファイナンシャル・プランニング業務に従事されている方
またはこれから従事予定の方
FP技能検定2級

いずれかに該当する必要があります。

  • 3級FP技能件的合格者
  • 日本FP協会認定のAFP認定研修修了者
  • FP業務に2年以上の実務経験がある方
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者
FP技能検定1級

いずれかに該当する必要があります。

  • 2級技能士合格者で、1年以上FP業務に従事の方
  • 5年以上のFP業務の実務経験者
  • 厚生労働省認定金融渉外技能審査2級の合格者で、1年以上FP業務に従事の方

 

検定日程
FP技能検定3級2級 年3回 5月9月1月の日曜日に検定が行われます。
それぞれ午前2時間が学科検定、午後から実技検定になります。実技検定は3級は1時間、2級は1時間半が検定時間です。
FP技能検定1級

年1回
学科は5月に検定が行われ。こちらに合格後実技検定の案内が送られてきます。
実技は9月。「日本FP協会」「金融財政事情研究会」のどちらかの実務検定を受けてください。

 

受検料

受検料は全て非課税です。

FP技能検定3級 学科と実技 6,000円
学科のみ 3,000円
実技のみ 3,000円
FP技能検定2級 学科と実技 8,700円
学科のみ 4,200円
実技のみ 4,500円
FP技能検定1級 学科 8,900円
実技 20,000円

 

運営協会・会社について

ファイナンシャルプランナー試験の運営は「特定非営利活動法人 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(略して日本FP協会)」と「一般社団法人 金融財政事情研究会」が行っています。

 

日本FP協会は主にファイナンシャル・プランニングの啓発や普及を行っている協会で創立は1987年。
金融財政事情研究会は更に古く1950年創業で、元は大蔵省所管の社団法人でした。金融財政政策や金融機関経営についての情報を収集・発信・調査研究等を行っています。

 

取得後の活用とまとめ

現在のお仕事のステップアップやキャリアアップの為に取得された方は、活かし方はもう想像がつくかと思います。
想像が付かない場合は、是非結びつけてみてください。
人と接することが多い方は、その相手の将来設計などの悩みや相談にアドバイスが出来るようになっていることを。
人と接することが無い方でも、ご自身のお仕事や生活に必要なお金について、深く考えることが出来るようになっている筈です。

 

「ファイナンシャルプランナー」として独立開業したいと考える場合は、せめて2級FP技能士は必要で、合わせて実務経験も大事だと思います。
他にAFP、CFPといったFP試験もあり、独立してFPを名乗る方の多くは、これらの資格を取得していることが多いです。
どちらも日本FP協会の認定資格(2級FP技能士がAFPの受検資格に含まれ、AFP取得がCFP受検資格に含まる)となりますが、ファイナンシャル・プランナーとしての格を更に上げたい場合は挑戦してみても良いかと思います。

 

ファイナンシャル・プランニング技能士は合格すれば終身資格となり更新料もかかりません。
日本FP協会には入会することも可能ですが、FP技能士の資格取得のみでしたら任意です。最新情報などを積極的に得たい場合は是非に。

 

柔軟性のある、知っていて得しかない知識を得る貴重な資格だと思います。気軽に挑戦されてみては如何でしょうか?

 

TOPへ