アロマテラピー検定とアロマテラピーアドバイザーの違い

日本アロマ環境協会主催のアロマテラピー検定の広告を目にしたことがある方もいらっしゃるかと思います。
この項で紹介する「アロマテラピーアドバイザー」はその「アロマテラピー検定」の1級合格後に協会入会→認定講座を受講することで得られる民間資格となります。
アロマテラピー検定を合格ことで「アロマテラピー検定〇級」という資格にはなるようですが、実際に仕事などにするとなった際には弱いものですから、敢えて当サイトでは「アロマテラピーアドバイザー」について紹介させて頂きます。

 

アロマテラピー検定とアロマテラピーアドバイザーの違いは、上記したように確固とした資格にするかどうか。協会に入会するかどうか。知識量の差はほぼ無いものとなります。(検定合格→アドバイザー取得までは試験はありません)
強いて云うなら、日本アロマ環境協会に入会後に届く数々の専門冊子や、認定講座で習う知識(これはこれで協会に入会しただけで冊子は届きますので敢えてアドバイザーを取得はしない。という選択肢も有ります)でより深いアロマテラピーの世界を知ることが出来るようになります。

こんな方にオススメです

  • 民間療法に興味がある
  • 香りの作用で癒されたい・癒してあげたい
  • 無添加の手作り化粧品を作れるようになりたい
  • 良い香りが好き
  • 植物を育てるのが好き
 

アロマテラピー検定の試験範囲・難易度

アロマテラピーアドバイザーになる為にはアロマテラピー検定1級に合格する必要があります。
なのでその試験範囲等を纏めて紹介します。

 

アロマテラピー検定には2級と1級があります。
2級は2級テキストが出題範囲。
1級は2級のテキストも含む1級テキストが出題範囲となります。※現在の公式テキストは1級にも2級範囲の内容が載っているので実は必要ないかもしれません…未確認でごめんなさい。

 

受験は2級のみ 1級のみ(2級を受験していなくても受験可能) 2級と1級の併願 の3パターンから選べます。
私は1級のみを受験しましたので2級は受験していません。

 

試験範囲
アロマテラピー検定 2級 2級のテキストのみが出題範囲となります。
アロマテラピー検定 1級 2級、1級の2冊のテキストが出題範囲になります。
難易度
アロマテラピー検定 2級
アロマテラピー検定 1級

 

試験内容はテキストからですから、独学で勉強することも可能です。
1発合格を狙いたい時やより理解を深めながらアロマテラピーを身につけたい場合は、検定対策の通信教育やアロマテラピー専門のスクールなどを利用されることをオススメ致します。

受験資格・試験日程・受験料

受験資格

アロマテラピー検定は2級1級ともに不問です。

 

試験日程

2級も1級も同日に行われます。2級は午前 1級は午後です。
開催都市はかなり多く、2019年7月時点では30箇所以上です。
開催は年2回 5月と11月です。

 

受験料
アロマテラピー検定 2級 6,000円(税抜き) アロマテラピー検定 1級 6,000円(税抜き) アロマテラピー検定 1級・2級併願 12,000円(税抜き)

 

アロマテラピーアドバイザー取得について

アロマテラピー検定1級合格後、日本アロマ環境協会に入会、年会費を振込後、アロマテラピーアドバイザー認定講習を受講し…更に認定登録を行って初めて「アロマテラピーアドバイザー」という資格を得ることが出来ます。
協会からアロマテラピーアドバイザーという記載が付いた認定カードが公布されます。

 

上記を読んだだけでかなりの金銭が絡むことがお判りかと思います。(金額詳細は後項を参照ください)
なので、この先ご自身の為にのみアロマを楽しむのであればアロマテラピー検定1級の合格を持って完了とする方も多いです。
今後香りに従事する仕事を始めたい…とお望みの場合はアロマテラピーアドバイザーを取得していることで優遇されることがあります。
起業されたい場合は、箔のひとつになり得ます。

 

アドバイザー取得までに最低必要となる金額

アロマテラピー検定は1級を受験したものと考え、必要経費を載せておきます。ご参考までに。
尚、協会への入会は個人・法人で可能ですが、ここでは個人正会員を例にしております。年会費に関しては、毎年4月〜3月末日が会期となりますので、入会時の残り月数で按分されます。

 

アロマテラピー検定1級受験料 6,000円(税抜き)
日本アロマ環境協会入会金(個人) 10,000円(不課税)
日本アロマ環境協会年会費(個人) 12,000円(不課税)
アロマテラピーアドバイザー認定講習受講料 5,140円(税込)
資格認定料 10,260円(税込)

 

もちろん「年会費」がありますので更新される場合は毎年年会費というランニングコストが発生します。
余談ですが、アドバイザー以降の上位資格に合格した際も資格認定料は発生します。

 

そういった点からみると、先にも書きましたが「趣味」止まりにする場合はアロマテラピー検定1級の取得で止めておくことをオススメします。

運営協会・会社について

アロマテラピー検定及び協会入会後の各種資格を取りまとめているのが公益社団法人日本アロマ環境協会(略称はAEAJ)です。
1996年に発足された日本アロマテラピー協会が 現在 公益社団法人日本アロマ環境協会としてアロマテラピーの普及と啓発目的とし活動しています。
機関誌が年4回発行され、年1回アロマテラピーに関する論文をまとめた冊子も届きます。実際の医療現場での臨床報告などを身近に読めるので、アロマテラピーを追及したい方には最適な協会かと思います。

 

前項と重複しますが、入会金及び年会費もご案内しておきます。

 

日本アロマ環境協会入会金(個人) 10,000円(不課税)
日本アロマ環境協会年会費(個人) 12,000円(不課税)

 

検定の合格による、アロマテラピー検定〇級合格 という肩書きは永久なのですが、アロマテラピーアドバイザーという資格は協会を退会すると喪失してしまいますのでお気を付けください。

取得後の活用とまとめ

アロマテラピーを趣味として個人やご家庭、お友達などと楽しむ場合は「アロマテラピー検定1級」まで取得でも十分な知識は得られます。
検定テキストには精油の扱い方からアロマクラフトの使用活用方法やレシピなども載っていますから、どのような基材を使用して、どういうアプローチをすればご自身の生活に役立てることが出来るか。等、アロマテラピーの基本的な情報は満載ですので、アドバイザーまで目指すかどうかは金銭面と目的次第かと思います。

 

もし香りに関するお仕事を現在されている。現職に活かしたい。お客様に対してアロマテラピーを施したい。などの夢があるのでしたら、アロマテラピーアドバイザーの資格取得が役に立ちます。
広告などの影響も有り、AEAJ自体の認知度もあがっています。
私の友人などは、幼稚園の保護者会主催で子供と出来るアロマクラフト講座を行ったりと、アロマテラピーアドバイザーになってから活動の幅が広がっております。
アロマ検定1級取得。というよりアロマテラピーアドバイザーです。と名乗る方が、世間からの信頼感があがると云っておりました。

 

あなたの状況に応じてにはなりますが、少しでも「香りが好き」という心があるのでしたら一度公式サイトをご覧になってみるのはいかがですか?

 

TOPへ