簿記を学んで業務に置いてのお金の流れを知る

簿記…は帳簿記帳の略と言われています。
個人で云うところの「お小遣い帳」「家計簿」のお仕事版と云えば判りやすいでしょうか。
日商簿記にはWEBで受験可能な初級から商工会議所などで受ける3級2級1級があります。

 

3級では個人商店などの小さな店舗に対応可能な内容を習います。
2級からは中小企業から大企業でも使用される内容から工業簿記(原価計算)なども学ぶ必要があります。
1級まで行くと2級の内容の更に深いところになります。

 

大企業の経理担当者で日商簿記2級が必須取得資格と言われていますので、3級で基礎を学び2級の取得を目指してみませんか?
公式サイトにも記載されていますが、「2級以上の合格者は 大学などの推薦入学に有利」とのことです。
また1級に合格すると税理士試験の受験資格を得ることが可能です。

 

ビジネスをする上での基本的な経理処理を学ぶことで、あなたがもし起業されているのでしたらその役にも立ちますし、取引先会社の経営状況なども判断できるようになります。
気になる会社のIRを見て、色々と理解できるようになりますよ。それはもう色々と…(笑)

こんな方にオススメです

  • お金の流れなどの会計の知識を身につけたい
  • 進学や就職に有利な資格を取得したい
  • 将来、自分で事業を始めたい
  • 家計簿を付けるのが好き
 

試験範囲・難易度

全く簿記を知らずでも3級の最初は基礎知識から学ぶこととなりますので安心されてください。
筆者も2級までは持っていますが…計算は電卓任せで、どちらかというと文章を読み解く国語力が必要だな…と感じました。

 

試験範囲
日商簿記検定 3級 商業簿記のみ
日商簿記検定 2級 商業簿記・工業簿記
日商簿記検定 1級 商業簿記・会計学 工業簿記・原価計算

受験資格・試験日程・受験料

受験資格

どの級も年齢制限や経験等は必要ありません。
ですので、自信がある場合は、3級をスキップして2級や1級も受験可能です。

 

試験日程
日商簿記検定 3級 2級 年3回 6月11月2月の日曜日
試験時間はともに2時間
日商簿記検定 1級 年2回 6月11月の日曜日
試験時間は3時間

 

受験料

2019年10月以降(消費税10%)の受験料になります。

日商簿記検定 3級 2,850円+事務手数料550円(税込)
日商簿記検定 2級 4,720円+事務手数料550円(税込)
日商簿記検定 1級 7,850円+事務手数料550円(税込)

運営協会・会社について

日商簿記の運営母体は日本商工会議所と各地商工会議所になります。
Wikipediaを見て初めて知りましたが日商簿記の正式名称は「日本商工会議所及び各地商工会議所主催簿記検定試験」だそうです。
引用元 Wikipedia 日商簿記検定の項

 

第一回は1954年に開催され、とても歴史の古い資格試験となります。
日商簿記を合格しているだけで就職・転職に有利とされるだけの実績はあります。

取得後の活用とまとめ

「お金の計算に強くなる」というとあまりに安易に思えるかもしれませんが、お仕事でなくても結構大事なことだと思うのです。
もちろん現職やキャリアアップ目的で取得することで、新たなステップに上がれると言う利点もあります。
事務職・経理財形職・会計事務所や税理士事務所など、日商簿記が優遇される。または取得者を募集している場合も多くあります。
現在は会計ソフトがとても便利にはなっていますが、基本的なことを知っているとその使用効率は大幅にアップします。
そういう意味を込めて、募集要項に「日商簿記2級以上取得者優遇」など記載がある場合があります。

 

そんな転職・就職に役に立つだけでなく、家庭においてもそのお金の動きを管理し易くなります。
知っておいて全く損の無い知識として「お金の動き」があると思うのです。
それを順序立ててシッカリ身に付ける為に、日商簿記検定のお勉強を始めてみませんか?

 

※申込みは上記サイトより各地商工会議所の検索が可能ですのでそちらで行って下さい。

TOPへ