快適な住空間を作る為に必要なこと…

よりよい住空間を提案する方法から、建築学・人間工学など含めて住まいについてのエキスパートになる為の資格試験となります。
既に住宅関係のお仕事をされている方がメインに更なる知識のスキルアップを狙ってや、ブラッシュアップ目的で受験されることが多いようですが、どなたでも受験可能です。

 

そう、主婦でも取得可能であり、この資格を勉強することによって「住空間のスペシャリスト」として起業されている方も居るほどなんですよ。
勿論、あなた自身の求めるより過ごしやすいお住まい作りを目的にすることも素敵なことです。

 

テキスト1冊から始められますから、受験するか否かの前に一度テキストを読んでみるのも有だと思います。
最初のベーシック試験はWEB上で行うものですから、敷居が低いのもポイントです。

こんな方にオススメです

  • キャリアアップを目指したい
  • 心地良い住空間を作りたい
  • 仕事に出来る資格・知識を身につけたい
  • 住宅関係の仕事に現在就いている
 

試験範囲・難易度

専用のテキストがそのまま出題範囲となります。
ベーシック→エキスパート→マスターの3段階の試験があります。
エキスパート受験はベーシック取得が必須で、マスター受験はエキスパート取得を含む条件クリアが必要となります。

 

従って、まずはベーシックの受験が必要と云うことになります。

 

尚、テキストは原則1人1冊必要とのことですので、借りて勉強予定の方も自分用を購入して書き込みをしながら勉強されることをオススメします。

 

試験内容
ベーシック WEBでの記述式
エキスパート 記述式・実技
マスター 記述式・模擬講習

受験資格・試験日程・受験料

受験資格
ベーシック 不問
エキスパート ベーシック会員(協会会員)であること
マスター エキスパートを取得済み
課題提出済み
協会認定校でのマスター養成講座受講済み

 

試験日程
ベーシック 随時・WEB試験
試験時間 45分
エキスパート 年3回 記述式・模擬講義
2019年の残り試験は 8月24日(土) 12月7日(土)
試験時間 13時〜15時30分(試験時間は2時間30分)
会場 東京・大阪
マスター 年2回 
2019年の残り試験は 12月14日(土)
試験時間 10時〜18時(試験時間は約4時間)
会場 東京のみ

 

受験料
ベーシック 5,000円(税込)
エキスパート 15,000円(税込)
マスター 20,000円(税込)

運営協会・会社について

運営協会は「一般社団法人 日本収納プランナー協会」といいます。
「株式会社収納計画」の事業の一環に 住空間収納プランナー養成事業があることから、母体はこちら側と言えるでしょう。代表者も同じ方が兼任されておられるようです。

 

住空間収納プランナー ベーシック試験の合格者は「一般社団法人 日本収納プランナー協会」へ入会可能です。
エキスパートの受験には協会入会が必要となります。
入会金は特になく、3段階のランクにより年会費が違います。

ベーシック年会費 :3,000円
エキスパート年会費:6,000円
マスター年会費:12,000円

取得後の活用とまとめ

ベーシックの取得だけでも対個人へ「住空間プランナー」の知識を持って対応可能です。
エキスパート以降は対法人への提案も含まれてきており、マスターに至っては試験内容に「模擬講習」とあるくらいですから、建築・住宅関係の講師として教壇に立つ立場にもなりえます。何よりも自信にも繋がります。
自身のおすまいの改善目的から勉強を始めた方が、この知識をもっと多くの人へ伝えたい…と思った時に、事業として起業する道も開かれます。
最初の関門「住空間収納プランナー ベーシック」のハードルは低め(簡単という意味では無く、どなたでもWEBで随時取得可能な為受験が容易いという意味)ですから、ご興味のある方は一度公式サイトをご覧下さいませ。

 

TOPへ