MOS

パソコン使用の事務職ではMicrosoftOfficeは必須

現在事務職をされていて既に使える方も多いと思います。
この資格は名前の通りマイクロソフトオフィススペシャリストの認定資格です。
Office(オフィス)には「Excel(エクセル)・Word(ワード)・PowerPoint(パワーポイント)・Access(アクセス)・Outlook(アウトルック)」などがあります。
ただ使える。のと、しっかりMOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)を持っているのとでは企業によっては全く印象が違います。

 

この先転職を考えている方や、しっかりとOfficeソフトを身につけておきたい方はこの機会に取得を目指してみませんか?
挑戦してみることで、復習にもなりますし新たな使用方法を知る学びもあります。

こんな方にオススメです

  • 就職に有利な資格を取得したい
  • キャリアアップを目指したい
  • より効率的にマイクロソフトオフィスを使いこなしたい
  • 普段エクセルやワードといったソフトをよく使用する
 

試験範囲・難易度

MOSには スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)があります。

  • Office Word
  • Office Excel
  • Office PowerPoint
  • Office Access
  • Office Word Expert
  • Office Excel Expert
  • Office Outlook

 

バージョンは開催日にもよりますが、2010 2013 2016から選択可能です。
ですので2010以前のオフィスは対象外となります。※2010試験は2020年3月に終了します。

 

いずれの試験もパソコンを使用した実技試験となりますので、普段使っているオフィスのバージョンをまずは確認されてください。

 

試験範囲に関しては…過去問を必ず見ることをオススメします。過去問はMOS公式サイトで参考教材が公開されていますのでそちらを参考にされてくださいね。

受験資格・試験日程・受験料

受験資格

年齢性別全て不問です。
公式サイトによると、未成年は保護者の同意が必要とありますので、その点だけご留意ください。

 

試験日程

毎月のように行われております。月によっては2回ありますので、とても受験し易いです。
試験の約2ヵ月前からWEB及び郵送での申し込み受け付けがあり、選択した地域のパソコンスクールなどで一斉試験となります。(個別試験もパソコンスクールによっては可能なようなので、一斉試験の日時の都合が付かない場合は一度問い合わせてみてください)

 

科目はスペシャリスト5科目とエキスパート2科目から3科目まで選択し受験可能です。

 

受験料

1科目に付き 10,594円(税込)となりますので複数科目受験される場合はお気を付けください。
MOS 2016のエキスパートコースのみ 1科目の価格が 12,744円(税込)です。

 

学生さんには嬉しいことに学割もございます。
尚、学割の際は使用ソフトはオフィス2013 2016に限定されます。
MOS 2013 は全科目 8,424円(税込)
MOS 2016 はスペシャリスト1科目 8,424円(税込) エキスパート1科目 10,584円(税込)

 

1度の試験で受けられる上限の3科目の受験の場合、それなりの費用がかかることになります。
ですので1科目ずつ着実に受験されることも視野に入れてくださいね。

運営協会・会社について

MOSの運営会社は株式会社オデッセイコミュニケーションズです。
パソコン黎明期である1998年より今とは名称は違いますがMOUS(Microsoft Office User Specialistの略)検定としてオフィスの資格試験を開始し、現在に至るまでその運営は続いています。

 

一度資格取得すれば終身資格となりますので、コストはテキスト+受験料のみです。

取得後の活用とまとめ

実際に取得されたら判りますが、マイクロソフトオフィスに対する理解度がとても深まります。
パソコンを使用するお仕事の場合は切っても切れないソフトですから、率先してMOS取得を推進している企業もあるくらいです。
これを持っていて目に見えて何かがどうなると言う訳ではないかもしれませんが、必須ツールだからこそ使いこなせる自信は間違いなくつきます。

 

最初にも書きましたが、転職や再就職などを考えている方には素敵な武器となることでしょう。
ご自身の得意ツールから始めて、必須4科目(詳細は公式サイトでご覧下さい)の取得でマイクロソフトオフィススペシャリストマスターの取得まで目指してみるのもオススメです。

 

 

MOS公式サイトでもオススメされていますが、絶対に合格したい!という気持ちが強い方は、独学で勉強されるのではなく通信教育やパソコンスクールなどの手を借りてみるのも近道です。
これまでの合格者を多数輩出している実績から、あなたの味方になってくれるに違いませんから。
その際は、ちょっとした判らないところでも質問すれば丁寧に指導してくれるスクールを選ばれてくださいね。

TOPへ